犬用語 パンティングとは


パンティング・・・
犬が(動物)が主に体温調節のために”ハアハア”と荒く息をした状態。
鳥類や犬のように汗腺の発達していない動物にみられるようです。

これからの季節、早朝にお散歩へ行ってもすでに暑く、こうした状況がよく見られると思いますが、それは愛犬が体温調節をしているというわけです。

暑さに強い犬種もいますが、多くの犬が暑さ(夏)が苦手です。
激しくパンティングをしている場合は、水を飲ませたり、涼しいところへ連れて行きましょう。
場合によっては、首すじ、脇の下を冷やしてあげましょう。
熱中症などの症状がみられた場合は、首すじや体全体にあまり冷たくないお水をかけ、すぐに病院へ連れて行ってあげてください。
氷水や保冷剤は、血管を収縮してしまうこともあるので注意が必要です。

さて、このパンティングですが、実は体温調節以外でもする時があります。

◆パニック
雷など、不安や恐怖によるパニック状態

◆病気
免疫介在性溶血性貧血、拡張型心筋症、その他いくつかの病気の症状

これらの見分け方は、その時の状況から察するしかありません。
たくさん運動したり、暑い時期散歩へ行きパンティングしている時は、上記のように体温調節など問題ないことが多いですが、冬場に、雷はじめ愛犬が苦手な怖がる要素もないのに、パンティングが頻繁にみられる場合は、病気が疑われます。
食欲や便の様子など、普段の愛犬の様子と注意深く見比べ、異変が少しでもある場合は病院へ連れて行ったほうがいいと思います。

どんなに愛犬を大切に思っていても、犬の行動や病気の知識をすべて得ることはとても難しいと思います。
すべての基本になるのは、日頃の愛犬の様子を把握しておくことです。
”あれ?いつもと違うな。”
こういった気付きが、愛犬の心身トラブルの早期発見へつながると思います。