犬の嘔吐 見分け方

犬を初めて飼う方は、犬が吐いてしまうと驚き過度に心配しがちですが、犬は比較的人間より吐きやすい動物と言われています。

犬を家族に迎え数年も経つと、吐きやすいわんちゃんのオーナーさんの中には、愛犬が吐いても「あぁ、お腹空いたのねぇ。」なんて動じることなく、そのままやり過ごす方も。

犬の「吐く」という動作ですが、4種類に分けることが出来ます。

■嘔吐・・・消化された後に吐く。
主に黄色っぽい液(胆液)。
食べ物が小腸まで届いており、食道より後の胃腸管に問題があることが多い。
吐く前は、不安そうな様子を見せる。

■吐出・・・消化する前に吐く。
胃腸管より前に問題があることが多い。
吐く様子がないこともある。
*血が混ざっている場合は、粘膜に損傷、異常がある可能性があり、早急に病院へ行くことをおすすめします。

■嚥下困難・・・食べものが全く飲み込めない状態。
口の中、咽頭、食道のどこかに食べ物などが詰まっている場合が多く、よだれが多いなどの症状が見られます。

■空嘔吐・・・吐きたい様子を示すも何も吐かない。
肝臓や腎臓の病気、犬伝染性肝炎、子宮蓄膿症など、すぐに病院の検査が必要な病気の場合があります。
何も吐いていないからと安心せず、様子を注意深く見守りましょう。

吐くと一言で言っても、いろいろな原因や症状があります。
慣れてくると、大事な病気のサインを見逃してしまいがちになることもあり、飼い主としては、常に注意深く様子を見てあげることが必要かと思います。

犬の動作(元気の有無)、食(食欲の有無)など、吐いた後の様子は肝心です。
すぐ病院へ行くべきか、ひとまず様子を見るべきかの判断基準になります。

犬の「吐く」に、驚くわんこ初心者飼い主さんも、慣れてきた飼い主さんも、愛犬が吐いてしまった時は、

■吐いている時の様子
■吐いたもの
■その後の様子

是非確認してあげてください!
吐いたものを撮る(画像に残す)こともおすすめです。

そして病院へ行かれる時は、それらを獣医さんに伝えてください。
より明確な診断をしてくれると思います。

以上、犬の「吐く」についてのお話でした。