犬の花粉症

”犬の花粉症”

最近は多くのサイトで犬の花粉症について書かれています。
この時期気になりちょっと調べれば、沢山の情報が得られます。

しかし、、
情報を得たものの、実際愛犬が他のアレルギーではなく本当に花粉症なのか、またそのレベルなどはなかなかわかりません。
病院で検査してもらうも、納得いかないこともあります。(まさに我が家^^;)

飼い主さんが愛犬を花粉症と感じる主な症状は・・・

◆目のまわりが赤くなる、ないし目やにが増える
◆体全体を痒がる
◆人間同様くしゃみが増える
◆鼻水がでている

等があります。

以前は秋のブタクサで症状の出る犬が多く、春のスギなどはそうでもないといった情報が多かったのですが、最近は春もかなり多いと言われるようになり、また私のまわりでも、最近は春にも多いように思います。

我が家のわんこ達はまさに上記の症状がほぼ全部あります^^;。
すぐに治してあげたかったので、まずは原因追及!と、「アレルギー検査」をしました。
アレルギー検査もいろいろありますが、検査内容の話をすると長文になるのでそれままた今度として、、

結果から言うと、検査項目はかなりの数対象に2万円以上かけてやりましたが、驚くことに”アレルギーゼロ”でした。

じゃ、あのくしゃみ連発や、目のまわりの赤さはどこから・・・

検査は主な食べ物も対象でしたので、食物アレルギーでもないという結果です。
もちろんダニ、ハウスダストも検査済みです。
が、現状はかなりの症状があり・・・

私が一番怪しいと思ったのは、まさに花粉です。
なぜなら私が花粉症で、私の症状(時期や内容)と、犬の症状はほぼ比例しているからです。
一般的に、犬と人間の花粉アレルギー症状は異なると言われていますが、我が家は同じです。
くしゃみ、鼻水、涙目、全身の痒み・・・

でも、犬の検査結果は問題なし。私の検査結果は問題あり。
納得いかないと感じつつも、時期が来れば治るので、なんとなく曖昧になってしまっている現状。

この我が家の話は、他の家族でも聞いたことがあります。
でもある家族は、病院を変えて再度検査したら、思いっきりアレルギー体質であることが分かったと・・・
なになに、検査ミス??と思いきや、やはり他の病院で再テストしてもアレルギーゼロだったという家族もいます・・・^^;
もはや迷宮入り状態です。

犬の花粉アレルギーというのは、現在では多くが解明できますし軽減できますが、我が家のようなパターンで悩んでいる方もいます。

あれ?花粉症かな?と感じた飼い主さんは、症状が軽いワンちゃんであれば、人間同様花粉除去対策をしてあげ様子をみましょう。

少し症状が重いワンちゃんは、やはりすぐ病院に行き、悪さしている原因を追究したほうが、早くにわんちゃんの嫌な症状を減らしてあげることができると思います。

病院へ行ってもなかなか原因がわからないという私の家族のようなケースは・・・
どうしましょう^^;。
私自身まだ路頭に迷っています、、あまり薬は使いたくないですしね、、
何か良い情報を得たら、”犬の花粉症 #2” と題して、こちらでご紹介したいと思います。

花粉症と判明したわんちゃんもそうでないわんちゃんも、症状が出ているときは体力も落ち気味になるので、栄養、睡眠、これはいつも以上に良質であるよう心がけてあげましょう!

我が家同様原因がわからず困っているご家族も、できることはまだまだあると思います^^。
気落ちせずワンちゃんの健康維持を頑張りましょう!