犬用品 メンタルケア #1 

最近 ”犬のメンタルケア” 話題をよく耳にします。

欧米では昔からよく聞く話ですが、日本ではここ数年広まってきたように感じます。
我が家にも憶病ワンコがいるので病院で相談すると、昔ではまずなかなかお会いすることができない ”犬のメンタル専門の先生” が対応してくれます^^。
すごい世の中だな~なんて思ったりする私はもはや 昔の人間 ってことになるのでしょうか、笑。

こうなってくると、グッズ発売も活発になってきます。
しかし、犬のメンタルの病気を治す・・・正直どうも信用できません^^;。
人間のメンタルケアを思えば、薬やグッズによる効果を期待してもよいのだろうけど、犬となるとなかなか素直に受け入れられません。

理由として・・・
話を聞いたり商品の説明を見ていると、もはや薬のような気がしてくるものもあります。
しかし薬事法の問題でしょうか。犬用品と書かれていたり、雑貨扱いだったり、、
口の中に入るものなのに・・・。

薬事法は、人間の場合は『厚生労働省』ですが、動物の場合は『農林水産省』となります。
人間の命と動物の命の違いって、、
どうも動物が軽視されているように思ってしまったりも、、、
犬好きでない方は、当たり前でしょ、、となる話かと思いますが、犬好き=犬を家族と思うものには、そういう現状の中発売されているものを購入するって、いかがなものかと。

こんな具合であれこれ考え巡らせている最近の私ですが、なぜ考えてしまうのかといえば、やはりそのカテゴリーが気になり、また必要に思うからだと思います。

私自身、成犬のメンタルトレーニング はとても大変だと痛感していますし、周辺にも私と同様の悩みを持つ方はかなり多いです。

私の犬達はまだ若いですが、シニア期になれば恐怖や不安はもっと大きくなるので、今のうち臆病ワンコは脱却してあげたいし、すべき事かと強く思っています。
しかし、なかなか思うようにいきません。

疑心暗鬼とまでは言いませんが、このままモヤモヤしていても何も解決しないので、やはり時代にのって「犬用品 メンタルケア」というのを使ってみるべきでは・・・
最近そんな風に強く思ったりもしています。

使用をためらうのは、やはり「不安」です。
でもこの不安は知識がないから大きな不安になっていると思うので、まずはよく学んでみたらどうかと思いました。
犬のメンタルの事、商品の事。

今日のブログは単なる意思表明のようになってしまいましたが^^;、次回は、今発売されているメンタルケア用品について少しまとめてみたいと思います。

犬はとっても可愛く、幸せにしてあげたいと思えば思うほど、悩みも(対策というべきかな?)つきませんね^^;。

同じような悩みをお持ちの方は、是非次回の更新を楽しみにしていただけたらと思いますU^ェ^U 。