化粧品の動物実験廃止について

 

以前、動物愛護法の改正を求める署名運動を手伝ったことがあります。

積極的に活動している企業、団体は多くありますが、私が参加したのはこちら 「A LIVE」 さん。
その時配布したリーフレットには、化粧品の動物実験廃止を求める内容もありました。

ここ数年関心が薄れてしまい、意識的に動くことが少なくなっていましたが、先日、ペット社会学のあるテキストを読んでいたら、化粧品の動物実験について書かれており、ものすごく苦しくなりました。
保護犬のボランティアにかかわりたいと、物販寄付などは継続して続けておりましたが、日常使うものを少し変えるだけで、他の動物保護活動もできたのに、ここ数年してこなかったことをとても反省しました。

そのテキストを読み終え、ネットで最近の「動物実験廃止を求める活動」を調べました。
以前より状況はよくなってきていました。
それでも、悲惨な動物たちはまだまだいます。
私はもっともっと関心を持ち、残りの人生、自分らしい活動をしていけたらと思いました。

正直、見るのも知るのも辛い動物実験の実態ですが、日本では「JAVA(NPO法人 動物実験の廃止を求める会 )」さんがこの活動で有名で、サイトでは詳しく説明しています。

ここ数年で大手化粧品メーカー、製薬会社も廃止の方向へ動いているようですが、イギリスの「THE BODY SHOP」は、1990年代から動物実験廃止に向けて行動をしてきました。

THE BODY SHOPさん以外に、動物実験をしていない化粧品メーカー。

資生堂、オルビスなどは、動物実験廃止は国内市場向けだけで、海外(中国など)市場向けへは、現時点では動物実験を続けています。
結局、動物は犠牲になっています。
そういったメーカーは「動物実験をしていない化粧品メーカー」とよく紹介されていますが、ここではリストから外しました。

 

(株)井田ラボラトリーズ(CANMAKE)
(株)エキップ(RMK)
イオン化粧品(株)
(株)エテュセ
(株)再春館製薬(ドモホルンリンクル)
シャボン玉石けん(株)
(株)セザンヌ化粧品
(株)ドクターシーラボ
太陽油脂(パックスナチュロン)
(株)ナチュラピュリファイ研究所(24h cosme)
松山油脂(Mマーク)
SABON
LUSH

など。

ただ・・・
上記に紹介のエテュセなど大元は資生堂となり、エテュセそのものは全く動物実験をしていないくても、資生堂は・・・
こういったケースはTHE BODY SHOPなどもそうで、、、

自分の中で線引きをしないと、日常使用の商品に頭を悩ますこととなってしまいます。
完璧を求め疲れてしまってはよくないので、可能な範囲で、心がけることが大切だと思います。

詳しく知りたい方は、JAVAさんが出版している 「新・JAVAコスメガイドVol.5」1000円 or 500円 (ご支援・送料含む) を購入したり、動物実験を廃止している化粧品メーカーさんをまとめたブロガーさん等をチェックし、使用する化粧品を意識してみるのもいいと思います。

私は大きな活動はできないけれど、家の中のすべての化粧品を、順に動物実験廃止をしているメーカーへ切り替えていく等はもちろん可能です。
今日から早速やっていきたいと思うし、この他にも動物実験廃止にむけたお手伝いが出来たらと思います。

上記メーカー以外で、動物実験廃止を決めているところもあると思います。
偶然にも私は7割動物実験をしていないメーカーを使用していましたが、それでも3割は実験しているメーカーでした。

時代とともに状況は変化していくと思うので、気に入っているメーカーが現在実験をしていたとしても、来年には廃止しているかもしれません。
常にお客様の声として、メーカーに問合せしたりするのもよいと思います。

本サイトは犬に関する情報サイトとして数日おきに更新していますが、これからはこういった情報も交え、動物に優しい^^サイトとでありたいとも思います。