犬ごはんの悩み、ざっくり解説!

ドッグフードは、すでにみなさん多くの知識を持っているかと思います。
ネットではかなりの情報が飛び交っており、
中には恐ろしい話も少なくありません^^;。

ドッグフードに関しては、今回だけでなく、
これから先、常に話題にしていきたいと思っています。

if-dotwan.20160714_R
(写真提供:ドットわん)

今日は、何が良くて何が悪い犬ごはんか、
ざっくりいきたいと思います。

**************************************

id-ill.20160714.1
【手作り】
ある程度の知識と時間があれば、手作りが1番よいと思います!
完璧にちかくないと、犬にとっての必要な栄養素が、
かえって市販フードよりとれていないことになります。
手作りは、あくまでも”ある程度の知識と時間があれば”です。

動物病院の待合室などで、
”全手作り”といったオーナーさんにお話を聞くことがあります。
私みたいな怠け者には、神領域です^^;。

続いて、

id-ill.20160714.2
【生活スタイル・体調に合った、市販ドックフード】

え^^;?と思った方も少なくないかもしれませんが、
個体差というのはかなりあるので、
それぞれに合ったフードというのはとても重要で、
やはり長生きの秘訣かと思います!

どんな良いフードでも、
運動量の多い犬と、ほとんど家にいる犬。
ダイエットが必要な犬と、痩せすぎな犬。
犬種や生活スタイル、体調などを無視して、
ただただ良質フードだからということで選ぶのは、いかがなものかと。

市販のメリットはなにより簡単、ということですが
オーナーが時間ない中で、眉間にしわ寄せての手作りごはんより
心穏やかにごはんをあげれる(楽しむ)ほうが
やはり犬の健康、長生きには大切かと思います。
犬のメンタル面も考え、全体のバランスということですね。

フードジプシー(どのフードにするかあれこれ悩み頻繁にフードを変える)
なんて言葉もある昨今、
きちんと合うフードに辿りつくのがなかなか難しいのですが

このあたりは、次回、ドッグフード比較サイトなどのご案内とともに
個人的にもこのフード!
といったタイトルを上げさせていただきたいと思います。

続いて、

id-ill.20160714.3

【管理をきちんとしていないフード】

ここを語るサイトはそれほど多くありませんが、
実はここ、かなり肝心です!

せっかく良質なフードを購入したのに、
そこのあなた、フードを袋のまま、しかも少し封が開いたまま、
保管していませんか?
まさか日の当たるところに、ライトの当たるテーブル上に、、
保管しておりませんか?

ということで、ちょっとテレショップ?的な表現ですが
良質なフードの保管方法は、実はかなり気を使うべきことです。

保存料が入った安価なフードは、良質とは言えないけれど、
一切無添加の良質なものよりは、フードが悪くなりにくいわけで、

人間の直の反応で例えると、
開けてからしばらくたったコンビニスナックをたべるより
新鮮&高級デザートを放置し悪くなりかけてから食べたほうが
きますよね、、おなかに・・・^^;。

これまたざっくりした例えですが、
良質なフードは、保存料の入った安価なフードより
かなりきちんと保管する必要がある

ということです!

以上、本日はざっくり解説でした^^;。

ちなみに当サイトわんこの「ご希望ごはん」は・・・

id-poteto.20160714

U^ェ^U 笑

次回へ続く…

—————————————
次回以降のテーマ
●ドッグフードおすすめ比較サイト
●ドッグフードおすすめ商品
●食べないわんこのお悩み解決…

等々、
フードに関するいろいろなお話をしていきたいと思います。
—————————————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です